成功には年齢は関係ないが…いかに一定の生産性を保てるかが重要


成功には年齢は関係ないが…いかに一定の生産性を保てるかが重要
成功には年齢は関係ないが…いかに一定の生産性を保てるかが重要

スポーツ選手を除き、人が成功するには年齢は関係ないという研究がいくつか出ていて、今回紹介する研究もその一つです。研究者を対象に論文の生産性と引用数(影響力、Impact Facter)を調べた研究(*)では仕事に必要な能力の有無や、本人のやる気・生まれつきの能力の違いや運の要素はあるものの、最も重要なのが一定のペースで成果を生み出し続ける継続した生産性が重要である事が示唆されています。

一定の生産性や成果を生み出し続ける能力が成功を呼ぶ

一定のペースで何かを生み出し続ける能力が最も人の成功を左右する、これは気分に流されないで一定のペースで何かかたちになるものを生み出す能力がその人の成功を左右するということです。

これはジブリ映画の作曲で有名な久石譲さんの「感動をつくれますか?」の本にも書かれていて、気分の波はあれどいかに安定した生産性を確保するかが重要であると述べられています。

アダム・グラントの「ORIGINALS」という本では最もクリエイティブなアイデアを生み出す方法として、とにかく量をアウトプットすることだと述べられており、上手くいかない人は試行錯誤の量が足りないとする見方が示唆されています。

年齢を言い訳にせず、やるべき事をこなし、小さな成果や達成を積み重ねていくことが成功への近道

何かに一喜一憂したり、気分の波や体調の波の変化はあれど、自分のやるべき事を着実にこなしていく事が成功に近づく為の方法。ということは、あれもこれも一気に手を広げすぎるよりは一定の範囲に絞って自分のできる範囲で何かかたちになる成果を出すことが重要ですね。

モチベーションの観点では小さな達成や自分は前に進んでいるという進歩を感じる事が重要とする「マネジャーの最も大切な仕事」 やキャロルデュエック博士の「マインドセット」の概念が参考になります。

参考・出典

Quantifying the evolution of individual scientific impact
・「感動をつくれますか?」久石譲 角川書店 角川e文庫 電子版 2007/11/1
・「ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」が出来る時代」 アダム・グラント (著) / シェリル・サンドバーグ (解説) 楠木 建 (監訳) 三笠書房 (2016/6/24)