自分の強みを知ろう!ストレングスファインダーの診断結果と考察

ストレングスファインダーで自分の強みを知る

自分にとって向いている仕事はなんだろう?自分は何が得意なのだろう?と多くの人は迷うと思います。実際私も随分悩み、色んな心理学文献をあさったりしていました。今回は私が試した中でも充分効果があり今でも信頼性が高いと実感するGallup社のストレングスファインダーについて紹介します。

ストレングスファインダーとは?

ストレングスファインダーとはアメリカの世論調査&コンサルティング会社のGallupが提供する自分の強みを知る為のツールです(CliftonStrengths 34)。人が持つ強みを34のタイプに類型し、自分の最も得意な領域を知る事が出来ます。

自分の得意な領域を知る事で自分に向いた仕事選びや、対人関係でどういう人と付き合った方が良いのか自分が持つどのような強みを発揮して社会に価値を提供するかについてのヒントを得る事が出来ます。

テストの受け方

新品の「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」(日本経済新聞出版社,Amazon)の本に付属しているアクセスコードを使う事でGallup社のウェブ上でオンラインテストが受けられます。中古だと既にアクセスコードが使われている場合があるので新品を買いましょう。

テスト自体はボリュームがそこそこあるので、体調が万全の時にやった方が良いです。設問に対しては、深く考えず直感で自然に思う方を選びます。集中力がある時に受けましょう。

私の結果と考察

ストレングスファインダーの結果と考察
ストレングスファインダーの上位5つの資質は生涯を通して変わらないと言われている。

私の結果は、1.内省、2.戦略性、3.学習欲、4,達成欲、5,目標志向が上位5つの資質でした。これらの上位5つの資質は人生で順番が前後すれども生涯を通じて変わらないとされています。強みとしての資質ではありますが、一方で自分の弱みや苦手な分野に対しての考察がはかどるのが良いところです。

■自分の資質を考察をしてみる
私のトップ資質は内省でした。一見すると何が強みなのかが分からない内容ですが、哲学的な話や概念的な話が大好きで、自己反省をしたり、内面に関しての繊細さは強く実感しているので内省という資質は自分と切って切り離せないんだろうな、と思います。

第2の資質は戦略性でした。目標を細分化し、達成に向けてどのような行動を取っていけば良いのか戦略を練るのに優れている資質のようです。自分としては確かにこれは強いと思うのですが、間違った目標を立ててしまったときに方向転換がしにくいとも感じられる資質です。

第3の資質は学習欲です。これは生涯を通じて何かを学び続けたい、学んで成長をし続けたいという強い知的好奇心の表れなのかな、とも思います。考えてみれば昔はゲームばかりやっていましたが攻略本を揃えて徹底的に追求したり、大学生の時は図書館にこもって本をひたすら読み続けたり、大人になってからでも何かを学ぶ機会があればそれに参加したりと自分のバックボーンとなる資質だと感じます。

第4の資質は達成欲でした。これにも強く思い当たるところがあって、昔から自分に無理を強いても高い目標を達成したいという欲求はありました。私には完璧主義の側面もあるので、理想が高すぎて苦しむ事もあります。高い向上心は明確な一つの目標に全力を注げば強い力となりますが、一方で達成が出来ない高い目標に固執してしまって、しんどいと感じる時もあります。

第5の資質は目標志向でした。優先順位を付けて行動する事や目標を定めてから行動する事が得意との資質ですが、複数のコンフリクト(衝突)する目標を持ってしまったときや高すぎる目標を持ってしまうと逆にパフォーマンスが低下することも実感しています。

■実践例を考えてみる
上記の特質の実践例を考えてみると、今こうしてブログを書いていることや、日記を毎日続けている事、内省が呼吸をするのと同様に自分にとって自然な習慣になっていること、複数の目標を同時にこなそうと学習を続けている事などでしょうか。そして大きな目標を常に達成したいという欲望は常に抱いています。

総合してみると、私は考えることや内面的な特質が高く、社交や対人関係に関してのソーシャルスキルに関しては苦手な領域だと言えます。となると、この強みを活かせそうなのはライターやデザイナー、職能的なクリエイターや技術者になるのかな。ソーシャルスキルを高めればコンサルも出来そうです。

一方で考えてばかりで行動が伴わないという内面的な特質が高い故の問題も発生しそうです。大きな価値を生むためには他者との関わり合いが避けられないので、どう自分の強みを活かして社会と繋がるかが重要なテーマとなりそうです。

人それぞれ34の資質の順位は異なるので、こうした自分だけの考察が得られるのがストレングスファインダーを利用する利点ですね。

■感想
私がこのテストを受けたのは随分前ですが、今でも当てはまっているなと感じます。テストの結果としてトップ5だけではなく全34の特質が順位付けをされるので、自分にとって不足している資質も見る事が出来ます。良くもあれ悪くもあれ自分についての理解が深まるストレングスファインダーは、自分探しの旅や転職サイトに駆け込むよりもまず最初に受けるべきテストだと思います。自分自身を知り、深く理解したい人はぜひ受けてみてください。