人のふり見て我がふり直せ 非モテの要因・原因総まとめ 人間魅力の恋愛心理学2

989

以前当ブログでは人間魅力のための心理学を扱いました(人間魅力の恋愛心理学 ”モテる人”のすること、しないこと)。今回はその続編として、モテない要素に焦点を当てていきます。モテるかモテないかは恋愛といった場面に限らず、人として好かれるかどうかという人間魅力に関わってきます

今回の記事ではまず最初に人を遠ざけてしまう特徴ワースト17についてみていきます。その次に優しいけれどなぜかモテない人の特徴や、お一人様が長い人の特徴、人間関係を冷やす行動や直ぐに別れる人の特徴などモテない要素を軸に恋愛に関する分野までを広くまとめていきます。

非モテの特徴トップ17

オーストラリアのシドニー大学が主に調査をした「関係性を破壊する要因」についての研究があります。独身男女2744人を対象に、人として付き合いたくない人の特徴をどう思うのか重み付けをしてもらいました。以下はそのワーストランキングです

17位 体を鍛えていない 6%

16位 体を鍛えすぎている 9%

体がたくましいかたくましくないかはそれほど大きな要因では無いとのこと。男性の場合は鍛えれば鍛えるほどモテると思い込みがちですが、鍛えすぎもよくないようです。ほどほどに鍛えるのが一番モテるのですね。

15位 子持ちである 14%

恋愛の文脈で、子供が居ることをアピールすると恋愛対象として見えなくなる傾向があります。

14位 子供を欲しがらない 14%

自分に子供なんていらない、子供を欲しがらないという態度は一部の人にとってはあまりよい印象をもたらさないとのこと。

13位 無愛想 14%

確かに無愛想よりは愛想が有った方がモテますね。人は相手の感情が読めないと印象が悪くなるのでしょうか。

12位 喋らなさすぎる 14%

言葉数が少なく無口であることも相手によっては不快に思われるのだとか。無愛想とはちょっと違います。

11位 喋りすぎる 23%

喋らないことが良くないのなら、たくさん喋った方が良いのか!?というと違いました。よく喋る人はウザいと思われるのでしょう、なんと喋らない人よりも不快と思われる率が高まった結果が出ました。

だいたいここまでがマイナーな非モテ要素と言えます。人による好みによる影響が大きく、私は11位以下は自分の個性として気にしなくてもいいと思います。

問題は以下のトップ10の要素。嫌われる割合が一気に高まります

10位 自分の意見を消して曲げないこと・頑固 33%

頑固でかたくなな人はモテません。自分が間違っていても決して自分の非を認めず自分の意見を曲げないタイプです。

9位 性欲が低い 33%

恋愛の文脈で性欲が低いタイプはあまり相手に良い印象を与えないとか。その逆の性欲が強いことは非モテの要素には入っていないのがポイント。

8位 テレビのし過ぎ、ゲームのやり過ぎ 33%

ゲームが大好きな私としては、これが一番痛い。ゲームばかりやっていたり、テレビばかり見ている人はモテないようです。(まぁ薄々気づいてはいましたけど…。)でもゲームは人類が発明した最高のエンターテイメントだと思っているのでこれからもやり続けます!

7位 自信が無い 40%

自分に自信が持てず、卑屈すぎる人はモテません。40%の人が不快感の印象を持ちます。ほぼ半数近い人によい印象をもたらしません。日本は謙遜が美徳ですが、謙遜が行き過ぎて卑屈になりすぎたり、自己防衛でついつい卑屈になる人は要注意ですね。

6位 ベッドテクが下手 47%

恋愛の文脈の話ですが、おそらくこれは相手のニーズやポイントを抑える事が出来ず、思いやりが伝わってこないと認識されるからです。それにしても割合がかなり高い…。相性はとても大事ということでしょう。

5位 会うために3時間以上掛かる場所に住んでいる 49%

他の多くの要因を抑えて、「会うための時間や手間が掛かりすぎること」がワースト5入り。SNSで繋がれる時代とは言え、会おうと思えば直ぐに会える近さが大事なのです。物理的に3時間以上離れている人同士の付き合いは要注意。もし遠距離恋愛中をしている方がいたらお互いに意識してコンタクトをとりましょう。

4位 ユーモアのセンスが無い 54%

ユーモアのセンスがない、つまらない人がなんと半数以上の人に不快な印象を与えるとのこと。別の視点から見ればユーモアセンスが高い人は頭が良く、適応力が高いと思われます。なぜお笑い芸人がモテるのか、それは逆境を笑いに変えて行ける力があるからです。言葉の操り方が上手いこと(言語的知性が高い)ことも大きな要因でしょう。

3位 貧しすぎる 63%

人間魅力はお金が全てでは無いものの、ケチな部分を人に見せることは印象を大きく下げる事になります。普通の貧乏と言うよりも、貧しすぎるレベルの話ですが、人付き合いの中で日常生活で切り詰めたり、ケチっているような素振りを見せない方がモテには良いでしょう。

2位 怠け者 66%

怠惰はモテません。だらしないところを見せると印象が悪くなります。世の中のお父さん達はいくら仕事でバリバリ働いても、帰ってから家族の前でグータラするところを見せると奥さんや子供からの尊敬を失う事になります。

本来するべきことをしないことが怠けていると捉えられるので、8位の「テレビの見過ぎ、ゲームのやり過ぎ」と共通している部分もあるでしょう。逆に言えば貧しくてもやりたいことに一生懸命な姿勢はモテるということです。勤勉に努力し、自分のこだわっている分野で頑張ることがモテに繋がります。(しっかり稼いでいるプロゲーマーはゲームをたくさんプレイしてもモテないどころかモテるでしょう。)

1位 不潔、服装がだらしない 67%

人を遠ざける要因の堂々一位は不潔であることでした。7割近くの人に悪印象を与えます。清潔感や爽やかさは人の印象を大きく左右することが分かりました。多くの恋愛テクニック本や恋愛心理学でも言われている「清潔感」の重要性は正しいのです。

これらのランキングは男性から見ても女性から見ても大体同じです。(参考・出典リンクからRelationship Dealbreakers: Traits People Avoid in Potential Mates論文pdfのTable 4.をご覧ください)。モテる要素を突き詰めれば短期的な付き合い、長期的な付き合い、友人、結婚など場面ごとに考えられますが、今回は人としての魅力としてアウトかどうかのランキングとして取り上げました。これらの上位にきた要素ほど、人間としてモテないということに繋がります。

男性の中にはモテようと思って、お金稼ぐことに重点を置いている人もいますが、清潔感が無かったり、ケチくさかったり、だらけている部分があると結局はモテないのです。

親切でもモテないのはなぜ?


人は誰しも多かれ少なかれモテたいと思う生き物ですが、モテたい人の抱える悩みに「優しいのにモテない」というのがあります。男性は一見不親切でオラオラ系の方がモテているように見えますが、果たして実際はどうなのでしょうか。

結論として「親切にしたらモテる」のは事実ですが、「親切」だけでは不十分です

親切だけどモテない人の特徴を研究した2006年サウスカロライナ大学の調査では、191人の男性に性格テストとこれまでの女性遍歴を尋ねたそうです。その結果、優しいだけではモテないことが分かりました。

親切でやさしい人でも、共感能力が高すぎる人はモテません

共感能力が高い人は相手の気持ちや感情を優先しすぎてしまうため、傷つけたくないとの配慮からアタックできず恋愛自体が始まらないのです。

オラオラ系の人は、共感能力が低いため“自分はイケる”と思い込み、相手の心情などお構いなくアタックできるから、数打ちゃ当たるで結果的に結果的に恋人をゲットする機会が多くなります。

恋の始まり方の部分で差が出ているんです。優しい男性は恋愛さえ始めることが出来れば上手くいき、長続きする傾向だそうです。

お一人様暦が長い人の特徴


2008年のカリフォルニア州立大学の研究では、お一人様暦が3年以上の142人の男女を集めて、彼らにどういう特徴があるかを調べました。その結果、3つの特徴があることが分かりました。

恋人がずっといない人の特徴
1.子供の頃、両親の仲が悪く、男女関係で良いイメージを植え付けられなかった。そして両親から冷たい扱いをされたと感じている。
2.心の底では恋人が欲しいと思っているが、ペットや兄弟家族、同性の友人に大きく依存している。
3.恋人がいる人たちよりも不安と鬱に悩まされる傾向が高い上、異性とは一晩限りの関係で終わることが多い。

独身でペットを飼うと婚期が伸びる、というのはよく言われていますね…。

独り身が長い人は愛着スタイルが回避型であることも特徴です。愛着スタイルとは人付き合いにおける対処の傾向のこと。回避型は自分に自信が無いため人と深く関わりあう場面を避け、逃げようとします。人付き合いに慎重なのでなかなか出会いもありません。それでいて寂しがり屋であり、嫌われたくないのでリスクを冒せないから恋人が出来ず、独り身の期間が長くなります。幼少期の経験や遺伝の影響で不安やストレスに弱いことが根幹にあるので、結局不安対策をすることがモテるようになるための第一歩です。出会いの問題よりも、出会う心の準備が出来ていない事が問題です。

愛着スタイルについてはまた別の機会にまとめます。

冷める行動

人間関係が冷める行動を調査した2012年のオークランド大学の研究があります(1200人の男女を対象としたそうです。)。その研究によれば、以下の行動を取ると相手が冷めてしまい、嫌われてしまうのだそう。

1.相手の話を聞かない、相手によって態度を変える
相手の話を聞かない人はやはりだめですね。特に注意が必要なのは相手によって態度を変える人。普段は優しいのに、店員さんのオーダーミスなどに怒鳴ったりする人は要注意。相手によって態度を変えるのは、本性がそこにあるのでは?と思われるからです。

2.フランクすぎる、なれなれしすぎる
なれなれしい態度も嫌われます。ちょっと仲良くなっただけで、相手をいじるネタや人を傷つけるような笑いを取るのは辞めましょう。自虐でコンプレックスをネタにしたり、困難やつらい状況をユーモアで面白くするようにします。

3.異性の条件が厳しすぎる。
年収1000万円以上の男性で身長が180cm以上など、理想の条件が厳しすぎる態度は嫌われます。

4.自分の人生のつらさを語る。
悲劇のヒロイン自慢は辞めましょう。過去の苦労話をしても相手はうんざりするだけです。それを言うなら、誰だって人生は苦労しています。

5.テクニックにこだわりすぎる。
人の感情は生ものなので移り変わりが激しいです。相手のことを見ずにテクニックにたよるのも嫌われる要因です。目の前の相手の感情を尊重しましょう。

6.元彼と元カノの話をする
恋愛の文脈では、過去に付き合った人の話はかなりのNG行為です。その人物に未練があると見られ、関係が悪くなります。男性に対して過去の彼氏の職業とかは特にダメな話題で、多くの男性は給料とか勝手に想像して比較するので萎えます。

7.言語的知性が低い
言葉での表現力が低い人はモテないようです。IQではなくボキャブラリーや表現力のことで、19万人の男性を対象とした調査で数学的な知性よりも言語的知性が高い人の方が2倍も結婚率が高い調査結果が出ています。結婚や恋愛の分野では物事を計算する能力よりも、多彩な表現、表現力で多彩な言語力を持つ人がモテるのだそう。

すぐに別れる人の特徴


付き合えるけど長続きしない人の特徴です。次々に異性と恋人になるので一見モテてリア充に見えますが…。

2016年ベルン大学の研究では、9069人の男女を5年追跡調査しました。その結果、すぐに分かれる人には自尊心に関して二つの特徴がありました。

・自尊心が低いグループ
自信が無いために、傷つくのを恐れ自分のことを好きだと言ってくれる相手と付き合うタイプです。格下の相手や自分がマウンティング取れる相手としか付き合いません。最初はもの珍しさから付き合いますが、結局は飽きて別れることになります。自分のことを好きだと思っている人ならだれでもいいので、適当な人と付き合ってしまいます。

・自尊心が極端に高い人
理想が高すぎて、理想の基準がハッキリし過ぎているため妥協ができなくなっています。付き合う人をいつも自分の基準と比べて、もっといい相手が居るのでは無いかと夢想してしまいます。例えば年収1000万の男性に固執することは、本質はお金の心配をしないで生きたいということですが、堅実な500万円の人ではなくかなりの浪費癖のある1000万円の人を選んでしまいます。柔軟性が無いために、うまくいかない結果となるのがこのタイプです。

恋愛は一緒に居て楽しい時間が過ごせる人、結果的にいい時間を長く過ごせるかどうかに重点を置いた方がいいでしょう。恋愛が上手くいかない人は適切な自尊心を持っていないと言えます。

人間魅力のその他のトピック

ここではその他のモテに関してのトピックをまとめます。

睡眠不足は人の魅力を著しく下げる。

2017年のカロリンスカ大学の研究では、普段は7.5時間眠る25名の被験者に対し、2日間続けて4.5時間しか眠らせない実験をしました。睡眠を下げた後の写真の魅力度を測定したところ、25%も低下していることが分かりました。睡眠時間を削ると25%不細工になるのです

肌荒れとネガティブイメージの研究

トレッシー・グランフィールド(Tracey Anne Grandfield)さんは、ニキビや肌荒れがネガティブなイメージと結びいていることを潜在連合テストを通して証明しました。荒れた、汚れたイメージはどうしても不快な概念と結びついてしまうといいます。人に良い印象を与えるためにも肌への投資は重要です。

リア充投稿は嫌われる

架空のFacebookアカウントを利用した、リア充投稿がどの程度人々から嫌われるのかについての実験があります。恋人とのイチャイチャ度合いが高ければ高い投稿ほど人々が不快に思うという結果結果が出ました。まぁ、大方の予想通りですね。過度なリア充アピールは他の人間関係で滑る要因となるのです。

まとめ

ここまで見ていただいて気づいた方もいるかも知れませんが、顔は非モテの原因になりません。ちょっと街中を見れば美女と野獣のカップルもたくさんいますね。清潔感や爽やかさほうがずっと大事なのです。自分で変えられるところの要因が大きく、モテは自分で作れるのです。

関連記事

人間魅力の恋愛心理学 ”モテる人”のすること、しないこと
【保存版】アドラー心理学まとめ すべての悩みは人間関係である
「赤を身につけるとなぜもてるのか?」まとめ&要約レビュー “身体化された認知”への招待

参考・出典

・メンタリストDaiGoの心理分析してみた 「非モテの心理学〜なぜか同性にも異性にもモテない人の特徴」2018/09/30 放送分
Relationship Dealbreakers: Traits People Avoid in Potential Mates
The Top 10 Relationship Deal Breakers
Exploring Attitudinal and Psychophysiological Responses towards Visible Difference: The Role of Shame, Disgust, Self-Esteem and Appearance Schema

 
  • follow us in feedly