【簡単】PS4のデータをバックアップする方法 データ移行(引っ越し)のやり方

PS4をSSD換装したい旧型のPS4から新しいPS4Proに移行したい人にとって事前のバックアップ(データ移動)は重要です。ここではどうやってバックアップし、データを移せば良いのかについてのやり方をまとめました。

*PS4Proの内蔵HDDをSSDに換装する方法はこちらの記事をご参考ください。

PS4に保存されているデータの種類を知る

PS4に保存されているデータ
PS4には主に以下の種類のデータがあります。
セーブデータ(超重要)
ゲームデータ(アプリケーションデータ)、テーマなど
キャプチャーギャラリー(スクリーンショットと動画クリップ)(重要)
トロフィーデータ(必要)

この中でゲームデータ(アプリケーションデータ)は本体に保存されるゲームを動かすためのデータであり、容量を喰うので削除しても構わないデータです。ゲームデータ(アプリケーションデータ)を削除してもセーブデータは消えず、再度ゲームディスクを挿入すれば自動的にインストールされます。テーマも同様で、自分のPSNアカウントでPS Storeにログインして「ダウンロードリスト」から再ダウンロードすることが可能です。トロフィーデータについてはPSNアカウントごとに紐付けられているので、事前に一度同期をすれば大丈夫です。

PS4のトロフィーは事前に同期しておく
トロフィーデータはユーザーごとにログインしてそれぞれ事前に同期しておく。

重要なのはセーブデータとキャプチャーギャラリーのデータです。PS4のセーブデータはユーザーごとに保存されており、バックアップ、復元、削除などの動作はユーザーごとに行う必要があります。同じPS4を家族など複数人で使っている人は使っている人数分セーブデータのバックアップが必要です。

やり方1.USBメモリにセーブデータをコピーする

ps4のセーブデータをusbにコピーする
あると便利なUSBメモリー。容量が大きいのを一つ持っておくと重宝する。

手軽でパソコン管理もしやすいUSBメモリーにデータをコピーする方法です。

USBメモリーを用意します。思いのほかデータがかさばる事が多いので、なるべく容量が大きい物が良いでしょう。必ずUSB3.0以上のものを使ってください。

USBメモリはFAT32またはexFAT形式でフォーマットされている事が必要ですが、基本的に購入時のままで大丈夫です。

・「設定」→「アプリケーションセーブデータ管理」→「本体ストレージのセーブデータ」→「USBストレージ機器にコピーする」を選びます。

・ゲームごとにセーブデータを選び、USBにコピーします。これでバックアップ完了です。

セーブデータ移行のテクニック 複数同時選択 何か複雑なことをしたかったらOPTIONSを押す!

OPTIONSボタンはよく使います。
もっとアレやコレをしたいのに…!と思ったらとりあえずOPTIONSボタンを押せばどうにかなるのがPS4の良いところ。

セーブデータをコピーしていく過程で手動でセーブデータをいちいち選択するしかないのか…と絶望しなくても大丈夫です。OPTIONS(オプション)ボタンを押すことで複数同時選択が可能になり一気にセーブデータを選択してUSBにコピーできますPS4では何か複雑な操作をしたければとりあえずOPTIONSを押す!とだけ覚えておきましょう。

やり方2.オンラインストレージにセーブデータをコピーする(PS Plus会員限定)

ps plus会員の特典であるオンラインストレージ
PS Plus会員の特典であるオンラインストレージ機能

この方法はPSN(プレイステーションネットワーク)の有料会員(PSPlus会員)である必要があります。

PS Plus会員(有料会員)になっている。
・「設定」→「アプリケーションセーブデータ管理」→「本体ストレージのセーブデータ」→「オンラインストレージにアップロードする」を選びます。

こちらもセーブデータは複数同時選択できます。セーブデータをオンラインストレージにコピーすればバックアップ完了です

このPSPlus会員特典のオンラインストレージは特にオートセーブのゲームタイトルに便利です。これを利用して複数のエンディングや分岐条件を持つクリア前のセーブデータをアップロードしておき、本体ストレージに戻すことを繰り返すだけでささっとエンディング(トロフィー)の回収が楽にできました(事前にセーブデータの自動アップロード機能をオフにする必要がある)。「ニーアオートマタ」や「ニーアゲシュタルト・レプリカント」といったエンディングにセーブデータが関わる特殊なタイトルで効果的な方法です。

データを戻すときは

バックアップしたデータを戻すには
バックアップデータを戻すにはアプリケーションセーブデータ管理から戻せる。

同様にセーブデータを戻すときも「アプリケーションセーブデータ管理」からできます。別のPS4にデータを移したい時はバックアップした時と同じPSNアカウントでログインする必要があります。

やり方3 まるごとバックアップする方法

PS4をまるごとバックアップする方法
まるごとバックアップするには大きな容量の外部ストレージが必要です。

ちまちまUSBでバックアップする作業がめんどくさい、まるごとそのまま現状のPS4をバックアップしたい場合、十分な量のUSBメモリーor外付けHDDなどの外部ストレージが必要になります。

大容量のUSBメモリー、外付けHDD(SSD)などの外部ストレージ。FAT32またはexFAT形式でフォーマットされたもの
「設定」→「システム」→「バックアップ/復元」のメニューから「PS4をバックアップする」を選択。

これであとは画面の指示に従えばバックアップは完了です。ファイルの最後にdatとついているのがバックアップデータです。大切にしましょう。復元をするには、
「設定」→「システム」→「バックアップ/復元」のメニューから「PS4を復元する」を選択すればOKです。復元したいバックアップファイルを選びましょう。

その他の諸注意などは公式サポートページが詳しいです。

やり方4 PS4から新しいPS4へとデータの引越・移動(移行)がしたい

2台のPS4のデータを移動する
データの引っ越し、移動は基本的にはPS3の時と同じでLANケーブルか必要

新しいPS4に丸ごとデータを移したい、引っ越しをしたいときは、LANケーブルと通信環境が必要になります。PS3の時と基本は同じです。引っ越し先のPS4は初期化されます。(引っ越し元のPS4のデータは残りますのでご安心を。)

LANケーブルを用意します。

引っ越し先と引っ越し元のPS4の2台ともPSNにログインする必要があります(更新が必要な場合は更新が求められます)
・古い方のPS4を選択する工程があるので旧PS4の本体の名前を確認しておきましょうPS4の名前は設定→システム→システム情報から確認出来ます
引っ越し先のPS4で「設定」→「システム」→「別のPS4からデータを移行する」を選びます。

→有線接続の場合は同じネットワークに2台のPS4を接続します。具体的には同じルーターに2台のPS4を2本のLANケーブルでつなぎ合わせます。近くのPS4が一覧表示されるので、引っ越し元のPS4を選びます。これまで使っていた古い方のPS4の電源ボタンをピッという音が聞こえるまで押します。移行するデータを選び、データの転送が始まります。
→無線接続の場合は2台のPS4同士を1本のLANケーブルでつなぎ合わせることが必要になります。他は有線接続と同じ手順です。

新しい引っ越し先のPS4で「移行を始める」を実行すると新しいPS4のデータは初期化されます(古い方のPS4のデータは残る)。こちらも公式サポートページが参考になります。

関連記事

【簡単】Ps4Pro (PS4) の内蔵HDDをSSDに換装する方法【ssd交換 やり方】
PS3が故障したので別のPS3にSSD換装とデータの移動とそのやり方。【お勧めssdの選び方詳細図説】

参考・出典

PS4 のセーブデータ管理(バックアップ / 復元 / 削除)SONY公式
PS4 の内蔵 HDDデータのバックアップ・復元をするには? SONY公式
別の PS4(PS4 Pro)からデータを移行するには?