「カービィーのピンボール(GB)」 懐かしゲームレビュー

19

幼少のころ遊んだ昔懐かしいゲームのクリエイティブを考える(?)懐かしゲームレビュー。今回は1993年11月27日に任天堂より発売されたゲームボーイ用ソフト「カービィーのピンボール」です。

今でこそゲームはグラフィックや見た目の追求がされていますが、実際やっていることといったら昔のゲームと比べてたいした事はしていません。むしろ、昔のゲームほど遊びやルール作りにおいて創意工夫が見られ、内容で勝負しているところもあるので色々と研究する価値はあるでしょう。

「カービィーのピンボール」/「Kirby’s Pinball Land」
1993年11月27日
デザイナー: 桜井 政博
開発元: HAL研究所
ジャンル: ピンボール
プラットフォーム: ゲームボーイ
定価:2,940円

目次(Contents)

どんなゲーム?

©Nintendo, HAL

当時既に人気キャラクターであったカービィーのピンボール作品です。カービィーは他にも色んなスピンオフ作品が出ています。当時から「カービィボウル」や「星のカービィ 夢の泉の物語」が凄くやりたかったけれど、結局手に入れる機会は無く。当時はずっとこのピンボールゲームを遊んでいましたね。

ゲームシステムはステージ制で、ボールとなったカービィをはじき、どんどん上を目指していく内容。一番上にはおなじみのボスが待ち構えており、ステージの世界観がそれぞれのボスの背景をより良く示しています。下に落としたら負けで、敵キャラクターはカービィを落とそうと色んな妨害をしてきます。操作できるのはカービィーをはじくピンの部分(下の二つのバー)と画面を揺らす事ぐらい。出来る事は少ないけれど、道中のステージのギミックや世界観がとても優れた作品です。

思い出

いつの間にか家にあったのでたぶん両親がゲームボーイと一緒に買ってきてくれた物の一つだと思います。

©Nintendo, HAL

当時子供だった自分にはゲーム難易度は相当難しく、普通にプレイしていて全然クリア出来なかった覚えがあります。ボスにたどりつくまでが苦労の連続で、ようやくボスにたどりついても下の階に送り込まれてしまいます。そのため、ボスとだけ戦うモードの裏技(タイトル画面で同時に「A,→,B,SELECT」を同時に押したあと、ランキング画面になって、黒猫が出てきたら「START」を押すことで、ステージごとのボスとだけ戦える)を駆使して、ボスとだけ戦っていました。
上記裏技の再現(これが人生初のクロネコとなった。)。ゲームボーイはまだまだ現役。一番丈夫なゲーム機だと思う。

だから自分にとってクロネコは、運送会社のクロネコヤマトが最初では無く、この「カービィーのピンボール」でボスだけ戦わせてくれる象徴として最初に印象に残っています。
 
ラストのデデデ大王を倒しても、ハッキリとしたエンディングが無かった記憶があって(タイトルに戻りループ?する。)、裏技の影響かな?とも思っていたのですが、実際のところどうなんでしょうね。おそらく今でも裏技を使わずにプレイしてもクリアする事は難しいだろうと思います。
 
©Nintendo,HAL

ステージの特徴として、カービィーの世界観を上手に落とし込んでおり、それぞれ敵キャラクターやステージギミックに特徴が色濃く出ています。それが面白かったし、飽きなかったですね。操作できるのは画面の枠と下の二つのピンを跳ね返すバーだけですが、ボスにカービィーをぶつけたときの効果音がとても気持ちよく、体感としても楽しい気持ちにさせてくれるゲームでした。操作して気持ちいいって凄く大事。

総評・考察

楽しさ ★★★★+
思い出 ★★★★★★★
操作の気持ちよさ ★★★★★★★★+
難易度 ★★★★★
満足度 100%

・今思うとカービィーのデザインが秀逸。カービィーはキャラが丸っこいからボールになったり、色んなスピンオフ作品に応用が出来る。当時の企画した人はよくカービィーとピンボールと結びつけたよなぁって思う。こうした普段結びつかない物同士を組み合わせるのは良いアイデアを生み出すための秘訣。カービィのキャラ造形的にも男女関係なく親しみが持て、子供達にも受ける万能型デザイン。
・普通にプレイすると難易度は高め。コンティニューしないでクリアするのは難しいと思う。
・ステージデザインやギミックはかなり高度。世界観を上手にピンボールに落とし込んでおり、職人技が光っている。
・今だとこうしたシンプルなゲームを作るにしても予算や開発ラインの関係でなかなか出ないだろうと思う。スマフォゲームとして買い切りとして出すにしても、値段を安くしないといけないだろうし。
・撮影のため実機を起動した(単三電池4本!)が、まだまだ起動したので感動!(しみじみと昔のゲーム売らなければ良かった…と後悔。→参考(最後の部分)

参考:CM動画


歌が印象に残るCM。映像は覚えていなかったけれど、曲は覚えていました。Youtubeで昔のCMはよく見かけるけど、誰がアーカイブしているのだろう?資料として凄く価値があるから有り難いですね。

参考・出典

カービィーのピンボール(Wikipedia)
カービィーのピンボール(nintendo公式)
カービィーのピンボール(バーチャルコンソール)
(海外)giantbomb.com – kirbys-pinball-land

 
  • follow us in feedly