【評価・感想】Bloodstained: Curse of the Moon レトログラフィックが特徴のシンプルで遊びやすい2Dアクションゲーム

【評価・感想】Bloodstained: Curse of the Moon レトロ風シンプルで遊びやすい2Dアクションゲーム

Bloodstained: Curse of the Moon」はファミコン風グラフィックが特徴の良質アクションゲームです。2018年5月24日の発売で、私はSwitch版を遊びました。一週するのに2時間掛からないぐらい。忙しい人にも遊びやすい内容となっています。

Bloodstained: Curse of the Moonはどんなゲーム?

悪魔城シリーズの雰囲気をしっかり押さえた作品。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.
悪魔城シリーズの雰囲気をしっかり押さえた作品。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.

コナミの悪魔城シリーズのプロデューサーを務めたIGAこと五十嵐孝司さんがキックスターターで資金を集め作られた「Bloodstained ritual of the night」、本作「Curse of the Moon」はその外伝的な一作です。悪魔城シリーズの特徴は横に移動しながら進んで行く硬派なアクションゲームですが、そのテイストが活かされつつ、クラシックなゲームプレイを現代に蘇らせたかのようなプレイ感覚が良い感じです。

仲間にするか、殺すか、無視するか・・・色んな分岐が面白い

倒したキャラの処遇を自分で決められるのは初見では気づきにくいポイント。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.
倒したキャラの処遇を自分で決められるのは初見では気づきにくいポイント。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.

本作の特徴が、敵対する人物を倒した時に仲間にするか、殺すか、無視するか選べること。そして仲間の有無で最後の展開が変わることです。初見では気づきにくい要素ですが、全員を殺してもいいし、無視して一人で孤高に突き進んでも良い。一人で進むほど難易度が高いですが、決して不可能な難易度では無く、要所要所を押さえて的確にアクションを起こすことでノーダメージクリアも出来るゲームバランスです。

パターンを見切って的確に避ける、攻撃する!©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.

まとめ・感想 コンパクトで遊びやすい!アクション好きにお勧め

一週が短く、シナリオ分岐の条件が印象的で面白い。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.
一週が短く、シナリオ分岐の条件が印象的で面白い。©ArtPlay.Inc./©INTI CREATES CO.,LTD.

最近の情報が多いコンテンツに疲れたとき、気軽にアクションゲームをプレイしたいときにお勧めな作品。シナリオ分岐の条件も印象的でした。月をテーマに、悪魔が潜む根城に向かっていく硬派な内容。簡単すぎず、難しすぎもしない難易度でコンパクトにまとまっています。アクション好きなら是非プレイしてみてください。

関連記事

【感想・評価】Bloodstained: Ritual of the Night 正統派横スクロール探索アクションゲーム