【美術の時間9】西洋絵画の静物画の特徴を分かりやすく。神への捧げ物と贅沢への戒めと。オランダのだまし絵トロンプルイユについて。

初めて静物画でアカデミー会員となったジャン・シメオン・シャルダン 「ブドウとザクロ」 1763年、油彩 (47x57 cm) ルーヴル美術館
初めて静物画でアカデミー会員となったジャン・シメオン・シャルダン 「ブドウとザクロ」 1763年、油彩 (47×57 cm) ルーヴル美術館

美術の教養を身に付けて、作品を見る目や創作のヒントにしようという美術の時間。第9回目は西洋絵画における静物画の立ち位置についてまとめます。絵画は宗教画が上とされ、静物画は絵画の主流ではありませんでした。そして静物画は神への捧げ物の他に、贅沢への戒めの意味がありました。

静物画の二つの流れ 神への捧げ物と贅沢への戒め

神への捧げ物としての役割を持つ西洋静物画 Luis Meléndez (1716–1780), Still Life with Apples, Grapes, Melons, Bread, Jug and Bottle
神への捧げ物や贅沢の戒めとしての役割を持つ静物画 Luis Meléndez (1716–1780), Still Life with Apples, Grapes, Melons, Bread, Jug and Bottle

絵画は中世からルネッサンスにかけて、ヨーロッパでは贅沢品とみなされていました。特に贅沢品を戒めたのがキリスト教で、静物画を家に飾るにもそのための口実を設ける必要がありました。

静物画には二つの流れがあり、一つには神への捧げ物としての静物画があります。こちらは野菜など主に食糧になるものを描いて神に捧げる役割がありました。

一方で家に飾るものは、「贅沢への戒め」という寓意的な意味を込め、金銀、花々、果物等が描かれました。いつまでも繁栄が続くわけではない意味を込めて花瓶の花には枯れた花を添えたり、死を象徴するドクロや死んだ虫などが小さく描かれることもあります。

Caravaggio Michelangelo Merisi da Caravaggio, Fruitbasket (1595–96), oil on canvas, 31 x 47 cm
Caravaggio Michelangelo Merisi da Caravaggio, Fruitbasket (1595–96), oil on canvas, 31 x 47 cm

どちらの静物画にせよ、対象をありのままに描いたものというより、篭に入れたり、花瓶に収めたり、何かしら意味を含ませていました。絵は飾ると綺麗ですが、時代背景としては贅沢は嫌らしいものとして見られており、社会的に成功した家の居間に絵を飾るからには、敬虔なキリスト教信者である事をどこかで示す必要がありました。それなりの地位を築いた家は「贅沢三昧な生活を送っている」という社会批判を避ける意味でも、絵を飾るための口実を所有する絵に取り入れる必要があったわけです。

日本や東洋の絵画は花鳥風月。季節で移ろいゆく自然を味わう画面は西洋には無かった。

狩野永徳:聚光院方丈障壁画のうち花鳥図
狩野永徳:聚光院方丈障壁画のうち花鳥図

それに対して日本の静物画は花鳥風月が特徴です。季節で移ろいゆく自然を味わっていくのですが、ヨーロッパには花鳥風月を味わう習慣はありませんでした。東洋はありのままの対象を描きますが、ヨーロッパの静物画は篭に入れたり、花瓶に入れたり、何かしら人為的・寓意的な意味を込めたりしています。

それがアールヌーボー運動により東洋趣味が入ってきました。ありのままの植物や動物をモチーフにした作品が生まれてきます。ヨーロッパには日本のような静物画は無かったのがポイントです。

ウィリアム・モリス Morris Strawberry Thief 1883
ウィリアム・モリス Morris Strawberry Thief 1883

オランダなどの地域ではだまし絵が発達

Pere Borrell del Caso,「非難からの逃走」 1874年
額から飛び出してくるような作品はだまし絵の手法 Pere Borrell del Caso,「非難からの逃走」 1874年

オランダではルネッサンス期から宗教から離れて楽しみとしての静物画、遊びとしてのだまし絵が発達していきます。

オランダは元々顕微鏡とか双眼鏡とか光学器械が発達した視覚の遊びの中心地でした。だまし絵の手法であるトロンプルイユは目の錯覚を利用したものですが、オランダで生まれただまし絵の小品の数々は沢山のコレクターがいます(ゲームで言うファミコンコレクターみたいなもの)。

だまし絵の手法は20世紀にシュールレアリスムに取り入れられ、マグリットなどの作家に大いに利用されるようになります。

今度美術館に行くときは、西洋の静物画をよく見てみると豪華な食事のシーンでお皿がひっくり返っていたり、瓶が斜めになっていたり、新たな発見があるかもしれませんね。

関連記事

【美術の時間8】イコノグラフィーとは何か?現代美術のもう一つの潮流コンセプチュアルアートと合わせて分かりやすく解説。現代の主流を占める美術史の観点とは。
【美術の時間7】なぜ意味不明な現代アートに価値があるとされるのか?19世紀末期から現代美術への流れを分かりやすく。ピカソやマチスがもたらしたもの。
【美術の時間6】19世紀末、商業美術の登場と発展をわかりやすく。ミュシャとロートレックとアールヌーボー様式について。
【美術の時間5】フランス革命期の新古典主義のその後を分かりやすく。ロマン派の台頭と絵画の近代化による印象派の出現。リアリズムが錯綜する19世紀西洋美術史。
【美術の時間4】フランス革命前後の美術史を分かりやすく。ロココの終わりと新古典主義の到来
【美術の時間3】ポストバロックと呼ばれるロココ絵画の時代 バロックと古典主義の流れの中で
【美術の時間2】美術史の誕生と基本概念を分かりやすく解説。明暗の画家カラヴァッジョはどこがバロック様式なのか。
【美術の時間1】古典主義って何?専門以外の人でも流れが分かるように解説。ルネッサンスとバロックの流れについても理解できるようまとめました!

参考・出典

・「美術の歴史」H・ジャクソン&カウマン著 木村重信・辻成史訳 創元社 (1980/01)
・「A BASIC HISTORY OF ART」by H.W. Janson and Samuel Cauman published by Harry N. Abrams, Inc New York 1971