美術「ベルニーニ「プロセルピナの略奪」(1622)」

イタリア、ローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されているジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini)作「プロセルピナの略奪」(1622)について紹介します。

プロセルピナの略奪 ベルニーニ ボルゲーゼ美術館 イタリア ローマ
image from Wikipedia

この作品はバロック時代を代表する彫刻家ベルニーニ23歳頃の作品で、冥界の王ハデス(プルートー)に見初められた大地の女王の娘プロセルピナが黄泉の国にさらわれていく様子を描いたものです。モチーフは古代ローマ時代の詩人、オイディウスによって書かれた「メタモルフォーゼス(転身物語)」です。英語だと「The Rape of Proserpina」なので、日本語から受ける印象よりも生々しく、暴力的ですね。

プロセルピナの略奪 ベルニーニ ボルゲーゼ美術館 イタリア ローマ 大理石で出来た彫刻の指の食い込みが凄い
image from Wikipedia

この圧倒的迫力!大理石彫刻とは思えないほどの柔らかい指の食い込み表現は圧巻です。ほんとに石なの?ってぐらい柔らかく食い込んでいます。見ているだけで場面に引き込まれますね。デッサンの対象にも良い作品でしょう。いつか実物を見に行きたいと思う作品です。

The Rape of Proserpina プロセルピナの略奪 ベルニーニ ボルゲーゼ美術館 イタリア ローマ
英語ではプロセルピナの”レイプ”という非常に暴力的な表現であるが、強い躍動感と生命感が込められている作品。 画像出典:Wikipedia

 

ベルニーニ ローマ ボロゲーゼ
角度によってはかなりきわどい。

参考・出典

プロセルピナの略奪Wikipedia(英語)
ボルゲーゼ美術館(Wikipedia)
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(Wikipedia)

関連記事

ルーベンス展 – バロックの誕生に行ってみた【国立西洋美術館 2018】in 東京上野
【書評と考察】「絵はすぐに上手くならない デッサン・トレーニングの思考法」成冨ミヲリ 絵心を持つ人には得るものが多い内容。デッサンの分類の発見+自分のデッサンを振り返ってみた。
荘厳、精緻な美しき幻想世界 「征服 クリス・ククシ作品集」レビュー
自然が産んだ構造美の世界 骨から見る生物の進化 アートブックレビュー
世界中の美しい地図グラフィックスを集めた「A MAP OF THE WORLD 」 アートブックレビュー
綺麗でカワイイロゴの世界。ロゴロジー2 -世界の最新ロゴ・デザイン集- 【アートブックレビュー】